読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀が大嫌いで大好きで

最強理論派天鳳九段take-youによる情熱と愛憎にまみれたブログ。愛すべきデスゲーム、"麻雀"のお話をします。

メンバーのおしごと「代走」

麻雀界隈では定期的に話題に挙がる「代走」事情。

先日、代走中にこんなことがあったので記録する。

 

赤あり 鳴き祝儀2000点相当

南一局 23000点 東家 ドラ東

244678m2345r689p 

8巡目に上家が打1p

 

「チー」

 

至高の門前派を標榜するおれも、さすがにこの牌はチー。

よし鳴こうと思ったときには、すでに23pはおれの手を離れ卓の右端に並んでいた。

 

「代走のメンバーが1pをリャンメンチー? これはドラ東アンコのチーテン以外にない」

「染め手のシャンテンか?」

「なんにせよマンガン以上の好手牌に違いない」

 

飛び交う憶測。

おれの手でツモ切られる東。

困惑する同卓者。

 

無感情に摸打を繰り返すおれのもとに、ようやくトイレから戻ってくるお客様。

手牌を一瞥。

曇る表情。

響くラス半コール。

 

務めを全うしたおれに、世間は冷たかった。

 

「代走のメンバーがそんな牌鳴いていいのか?」

「間違えて声出ちゃったの?」

 「それを鳴くのは斬新だね」

 

指摘されてしばらくのうちは「よかれと思って鳴いているのに…」と異論もあったのだけれど、家に持ち帰って考えてみると「確かに代走中に鳴くのはやりすぎたかな」と思うようになってきた。

 

上記の1pって、鳴かなくても全然問題ない牌だと思うし、おそらく現在のフリー雀荘では鳴かない方が多数派を占めている。

 

メンゼンで仕上げればトップまで突き抜けられるであろう手牌を3メンチャン鳴いて2900の愚形テンパイにしているわけだから、たとえそれがアガれたとしてもお客様が不満を抱いてもおかしくない。 

 

代走中に優先すべきは、「局収支」ではなく「顧客満足度」。

放銃しない。

遠い鳴きはしない。

高い手を逃さない。

 

天鳳に頭から足先までどっぷり浸かった人間は、「フリー雀荘の常識」がわからず苦しむ。

麻雀うんぬんというより、「メンバー業」そのものに苦戦する毎日。

 

以上です。

広告を非表示にする